授業ハイライト!

私が、この学校を選んだ理由。

私が、この学校を選んだ理由。

もともと絵を描くことが好きで、それともうひとつ、保育士になるのが子供の頃からの夢だったんです。

自分の夢である保育と、好きな絵を両立できる仕事がないかと、ある日、ケータイで「保育 絵 学校」で検索しました。そしたら、この学校が出てきたのです。調べてみると、専門的に絵の勉強もできて、その専門性を保育に活かせるということで、そんな学校は他にはなかったのでここしかない!と。それに、他の保育の学校では、ピアノができないと入学できないといった条件がいくつかあり、ピアノができず学校で一から学ぼうと思っていた私にとっても最適でした。

ただ不安もありました。私が入った保育こどもデザイン学科は、学科ができた最初の年だったので、本当に保育士の資格は取れるのかとか、他の学生は集まるのかという不安です。
実際に入学してみると、2年間のカリキュラムを終えて卒業する時には、保育士資格も取得できますし、人数は少ないですが同級生もいたので安心しましたね。

私が、この学校を選んだ理由。
1から学べるピアノの授業
1から学べるピアノの授業

楽しい授業と、友達のような先生方。

この学校の一番いいところを挙げるとしたら、先生方がとにかく優しいということ。どんな質問にも丁寧に答えてくれますし、相談にも乗ってくれます。それに、デザインの先生方は実際にプロとしてデザインの仕事をしている方なので、実践的な絵やデザインのことを直に学ぶことができるのは、他の学校にはない特長だと思います。

実際の授業では、保育の現場において子供との遊びのなかに、どのようにデザインの要素を入れていくか、子供にもわかりやすい形で伝えるにはどうすればいいかということを教えてくれます。こうした授業を通じて、私自身、好きだった絵と、夢だった保育を、結びつける方法を学ぶことができました。

楽しい授業と、友達のような先生方。
楽しい授業と、友達のような先生方。
こどものためのあそびのデザイン
こどものためのあそびのデザイン

保育園での実習で学んだこと。

カリキュラムのなかに、保育園での実習があります。これがとてもいい経験になるんです。保育についてしっかり勉強はしていましたが、実際の現場に出てみると、子供への声がけひとつ取っても難しいんですよね。例えば、子供同士がケンカをしてしまったときに、どんな風に声をかけてあげればよかったかなど、色々な課題に気づけます。その課題を学校の先生や保育園の保育士の方に聞くことで、経験が学びにつながるんですね。

それに実習で子供と接して改めて思ったのは、保育士を目指して良かったなということです。やっぱり、子供たちの笑顔を見ることって一番素敵なことですよね。

保育園での実習で学んだこと。
保育園での実習で学んだこと。
1から学べるピアノの授業
1から学べるピアノの授業

デザインの勉強が役立つ実感。

実習のときに、自由時間に保育の先生方が子供達に絵を描いていました。私のところにも子供たちがやって来て、「絵を描いて」というので、授業で学んだことを思い出しながらいくつか絵を描いていると、子供たちがすごく喜んでくれて、「先生上手だね!」って言ってくれたんです。うれしかったですね。

それに就職活動でも、デザインを勉強したことは有利に働いたと思います。というのも、面接の際にデザインに力を入れている学校に通っていたとお話すると、面接官の方から「珍しい学校ですね」と興味を持って質問をしてくれるんです。保育方針で、絵やデザインに力を入れている園もありますし、そういう園の面接では特に評価してくださったと思います。

デザインの勉強が役立つ実感。
デザインの勉強が役立つ実感。
授業風景ダイジェスト
授業風景ダイジェスト

いま感じる自分の成長。

自分では成長したという感じはないんですが、周りの方や家族からは、変わったと言われます。例えば、いとこに小さな女の子がいるんですが、遊ぶときの気の使い方や、声の掛け方が全然違うと。勉強したことが身についていて、無意識の行動にも表れているのかなと思いました。

保育というのは子供が主体であって、私たち保育者が子供を支援していく立場です。ですから、子供を思いやれる保育者になることが、いい保育のあり方なのではないかと思っています。いまは立派な保育士になれるように、頑張りたい気持ちで一杯です。

いま感じる自分の成長。
いま感じる自分の成長。

トップページへ戻る